2011年03月31日

お引っ越し

今日は研究室内で机の配置換えがあり、僕は今までの部屋から違う部屋に移動となりました。
常駐で7人いた部屋から2人の部屋となり、なんともひっそりとした感があります。

寂しいですが、研究には集中出来そうではあります。
今年は2本アクセプトまで持っていくのが目標なので、既に1年の4分の1が終わってしまいましたが、残りの期間で邁進したいと思います。

あ、そういえば昨日ボスにイギリスでの成果報告をしました。もちろん英語で。先輩のクロアチア人に英語が改善されたね、と言われちょっと(いや大分)嬉しかったです。

早く論文にしないとな、と言われましたがツッコミが全くなかったのでこれでいいのか不安があります。次は共同研究者の前で報告です。頑張らねばならない。
ラベル:留学
posted by しばきん at 18:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

セントアンドリュース研究室最終日

現在日本では大きな地震が続いているようです。
先ほど、僕も知り合いに連絡を取って安否を確認させていただいたところです。
幸い、知り合いに大事はなかったのですが、なんとも不安になるニュースばかりこちらでは目にします。
被災地の方々のご無事をお祈り申し上げます。


今日で研究室に来るのも最後です。
この留学のまとめをしたいと思います。


「英語の上達」
最初はやはり難があったが、今では大分すらすら喋れるようになってきた。未だにリスニングには困難が伴うが、みんな来た頃に比べればかなり上達したよね、と言ってくれる。お世辞でも嬉しい。今後も勉強を続けていきたい。

「研究の成果」
論文の初稿は完成させた。GCOEのシンポジウム用のポスターも作った。今までのアプローチよりも、一段階階層が深い研究が出来たと思っている。夏までの投稿を目指す。

「学術的交流」
こちらの教授たちとは自分のプレゼンとお茶をしているとき以外はほとんど、僕の研究の話はしなかった。これは英語のレベルが議論できるレベルに達していないことも大きな原因であるし、僕がどのように結論をまとめていいのかまだ困惑しているのも大きな原因である。自分の中で咀嚼する前に人に聞くのは良くないと思っているので。反省。
もう一つは、なんと学生を一人つけてもらったことである。シミュレーションの仕方を教えた。これは僕の研究が認められた証と考えてもいいのだろう。そしてそれを理解してもらったと考えていいと思う。シミュレーションを教える代わりに英語を教えてもらった。フェアトレード。

「プライベートの充実」
同室のJamesとは週に1度は一緒にご飯食べて遊んでいた。中国人やフラットメイトと寿司パーティもした。飲みにも行ったし、色んなパーティにも行った。お互いの文化の違いも話し合ったし、恋に戦争にセンシティブな問題も話し合った。最高の友人達が出来た。今後も絶対に交流を続ける。

「今後の進路」
もう一度海外に行きたい、というのが今の強い希望である。こちらの教授たちにも、もし海外学振取れたら是非ポスドクとして戻らせてくださいと伝えた。みんなWelcomeだと言ってくれた。可能なら是非戻りたい。


本当に充実した留学生活であった。
今後の研究において必ず役に立つ知識と関係を築けたと確信している。
ラベル:留学 St.Andrews
posted by しばきん at 23:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。