2012年03月19日

黄金比率とゼロと無限

今日読んだ本に触発されて、唐突にフィボナッチ数列で遊んでみたくなった。
いつものごとくRで。

> Fibo <- function (n) { 
+ phi <- (1 + sqrt(5))/2
+ return(
+ (phi^n - (-phi)^-n)/sqrt(5)
+ )
+ }
>
> Fibo(1:10) #実験
[1] 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55
>
> x <- seq(1, 30)
> Fibo(x+2)/Fibo(x+1) #黄金比に収束
[1] 2.000000 1.500000 1.666667 1.600000 1.625000 1.615385 1.619048 1.617647
[9] 1.618182 1.617978 1.618056 1.618026 1.618037 1.618033 1.618034 1.618034
[17] 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034
[25] 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034 1.618034

おおー。ついでに対数螺旋に勝手にz軸をこさえて遊んでみる。

> library(aspace)
> library(scatterplot3d)
>
> func <- function(theta, a, b){
+ a*exp(b*theta)
+ }
> degree <- seq(-1e+4, 1e+2)
>
> x <- func(theta=degree/180*pi, a=0.1, b=0.2) * cos(degree/180*pi)
> y <- func(theta=degree/180*pi, a=0.1, b=0.2) * sin(degree/180*pi)
> jpeg("Golden_number.jpeg")
> plot(x, y, type="l", col=4, lwd=3)
> dev.off()
> jpeg("Golden_number_0_8.jpeg")
> scatterplot3d(1/(x*y) ~ x + y, type="l", color=4, zlim=c(-1e+30, 1e+30))
> dev.off()

対数螺旋
Golden_number.jpeg

対数螺旋とz軸
Golden_number_0_8.jpeg
うーん、マイナス∞と∞が座標(0, 0)を通る垂直線上に現れてくる…。あぁすごいなぁ。
ラベル:数学 R
posted by しばきん at 23:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学会準備と投稿準備

朝、寝ざめ悪し。最近、寝ざめが悪いのがクセにすらなりつつある気がする。
今日はぐっすり寝たい。

とりあえず午前中は、水産学会のパワポの読み練習と、投稿論文の直し。睡魔と闘いながら。これが終わった時点で12時。そして早めのランチ。実は月、水、金は英語をしゃべる日なので、二人だったこともあって、食堂でも本日は英会話。毎日英語デーにしたい。

ランチ後、生協にて数学関係の文庫本を買う。
面白かったが、数学ガールに比べると少し物足りなかった。
さくさく読めて、申請書書きの合間に読破。ゼロで割っちゃダメ、というところのシーンに心打たれた。犯人の心構えが素晴らしいです。



午後、猛烈に眠かったのがカレーを食べて吹っ飛ぶ。
学振の申請書書きに励む励む。これまでの研究のところがかなり進んだ。よしよし。
ボスからパワポについて二件指摘があったので、直して送信。ありがとうございます。

夜、昨日TOEFL帰りに衝動買いした小説も読破。


うーん、色々賛否が分かれる小説のようで。普通の推理小説のように進むのではなく、むしろ事件自体は序盤から説明される。あとは、その事件について関係者の供述が、それも同じような供述が何度も繰り返される非常に退屈な構成であった。しかし、おそらくこの退屈さがこの本を読み進める力になっている気がしたし、著者の狙いであるような気がした。狙ってやっているにしても、やはり読んでいる間中、タイトルどおり本当に迷宮に迷い込んだかのようなイライラ感にさいなまされ、結局オチもよくわからない。なんだこの読後感。研究の合間の気分転換としては向いてなかったかな、と思う。
ラベル:書評
posted by しばきん at 21:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

TOEFL試験

TOEFL試験を受けてきました。
およそ一年半ぶり。前よりリスニングははるかに聞き取れたし、リーディングの語彙選択もほぼ全問分かった。単語帳やってて本当によかった。スピーキング、ライティングともに前よりは良いだろう。


以下愚痴です。すみません。


しかし、このTOEFL、

英語力 + カンニング力 + 周囲の雑音を気にせず課題をこなす能力

を試す試験なのだろうか。まず、入場時間が受験者によってまちまちなことで、すでにリーディングを解き始めているのに、後から後から、人が入ってくる。最悪なことに、今日はドアのほぼ目の前の席になってしまったので、いちいち開け閉めが気になる。受付での会話も気になる。さらに、試験官が意味もなくドアを開ける。何か問題がないか確認しているのであろうが、非常に集中力をそがれた。

さらに、「TOEFL 当日」などでググると、いくつか合法的な(?)カンニングを薦めるサイトまで存在する。どういうことかというと、ポイントは、入場時間がまちまちなことで各々の問題を解くスピードも英語の能力とは関係なしに違ってくることである。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの順で進むが、リスニングの後は10分間の休憩が義務付けられている。そのため、遅く入ってきた人は、休憩が終わってスピーキングに入った人の回答を、リスニングをしながら聞くことが出来る。本人に実力がなければ、こなせないとは思うが、リスニングをしながら他人の回答を聞けば、そのスピーキングの問題が類推出来てしまう。それを休憩時間の間に準備してしまえば、いきなり喋るより、はるかにマシな文法かつ流暢に喋ることが出来るだろう。これで潜在的にはカンニングが出来てしまう。ちなみに僕はほぼ最初に入ったグループだったので、他の人が喋るより早くスピーキングに移行した。

今日遅れてきた人で最も遅かったのは、開始から45分経っていた。
受験者皆が遅れてきてスピーキングの問題をカンニングする戦略をとれば、開始時間がまるごと45分遅れる場合だって想定される。そうならないのは、ある意味で受験生のモラルによってこの試験の開始時間が保たれているということなのかもしれない。

せめて、開始時間を皆で合わせられないものだろうか。
今のままでは遅く入った人が得をするし、早く入った人はドアの開閉や受付の会話で集中力が妨げられる。また試験官がウロウロしているのも非常に気に障った。四角に人が座っていれば済む話なのではないのか、常に歩き回る必要はないと思う。遅れてきた人は別会場にする、とかそういう措置できちんと時間通りに来た人に不具合がないようにする措置をとっていただくことは出来ないだろうか。

試験と言うのであれば、まず、公平さ、を確保してほしい。
現状は受験者間で明らかにアンフェアな状況であると確信する。
posted by しばきん at 19:35| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

3月の目標

2月の目標の反省。

> ・ロシア語で中学一年生程度の読み書きが出来るようになること。
全く無理であった。
ただ、単語をいくつか覚えていたおかげで何とか会話が通じた経験を何度もした。勉強が全くの無駄というわけではなかった。
それから、何を言っているのか分からずともなんとかコミュニケーションが出来るものだなぁ、と思って少し度胸がついたのは自分にとって良かったことだと思う。ぽじてぃぶ。


3月の目標
・以前覚えた英単語の覚えなおし(3/18のTOEFL試験用)
・共著者から帰ってきた論文の改訂完了
・もう一本の論文の第2稿執筆完了。

今月は水産学会の準備、海外学振の準備もある。キアイを入れなければならない。
posted by しばきん at 23:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

シベリア-ベルリン旅行

最高でした。ウラジオストクからベルリンまで13日間の列車の旅。


2/23
まずウラジオストクへ飛行機で移動。
到着してすぐに運転手のお迎えでウラジオストク市内へ。結構空港から離れていた。運転手さん始めロシアでは英語が全然通じず。運転手さんはずっと何かを喋っていたが、全く理解できず。ははー、とか、うんうん、とか相槌打ってしのぐ。

ホテルに到着して、ようやく一息。とりあえずホテルの一階でご飯でも、と思い夕食に向かう。この時点ではまだルーブル(ロシアの通貨)を持っておらず、クレジットカードで払うつもりであった。しかしなぜかクレジットが使えず。焦って外の両替所へ行くも、そこも閉まっていて、キャッシングすらも出来ず。どうしよう、と途方に暮れるも、奥からいかにもママといった雰囲気の女性が現れ、僕のクレジットを持って奥に引っ込むと、何故か支払いが終わったことになった。怖かったので、日本に帰ってさきほど確認。ちゃんと食べた分だけ落とされていて安心。引き落とし方を変えたのかな。


2/24
翌日、ウラジオストク市内を観光。
なんといっても凍った海の上を釣りのおじさんたちが歩き回っていることに驚愕。僕らもマネして歩いてみる。割れないのか結構ヒヤヒヤでした。(たぶん)カラフトシシャモを釣っていた。


その後、潜水艦博物館や国営スーパーを見学。スーパーではウィスキ−スキットルを買って自分へのお土産にする。その後、もっと安いスーパーでシベリア鉄道での食料をたんまり買い込む。ウォッカの種類の多さに驚く。スーパーの一角をまるごと占めていた(5×2mくらいの面積でその壁にずらっと)。しかも、500円くらいで売ってたのが中くらいの品質。安い。

夕食を近くのレストランで取る。あまりに内装が豪華で、一緒に行った研究室の人はビビって違う店にしようと言いだしたので、無理矢理連れ込んで食事。これがたいへんアタリの店ですごくおいしい。ロシア料理はまずいと聞いていたので、なんだウソじゃん、とか思った。しかし後日、これが誤りであったことを思い知る。

夕食後の深夜シベリア鉄道に乗りこむ。
狭いが思ったほどではない。4人で一つの区画を使う感じ。廊下をはさんで2人用の座席とベッドもあった。車内は暑く、半そででOK.たまに長袖のシャツを着るが、半そででいた時間のほうが圧倒的に長かった。ロシア人はタンクトップだったり、トランクスかと思うくらい短い半ズボンだった。


2/25
シベリア鉄道乗車初日。
持って行った「数学ガール フェルマーの最終定理」を読み耽る。いやーやっぱ数学最高っす。美しいっす。4人のコンパートメントだがこの日は誰も乗ってこなかったので、2人でのびのびと使う。「世界の車窓から」、を僕がカメラマンとナレーションをやって、相棒に俳優をやってもらう。
さっき研究室の人に見せたら大ウケしていた。やってよかった。重すぎて動画はここにアップできず。




2/26
ロシア人のおじさんが乗ってくる。名はセルゲイ。最初から酔っぱらいまくっていて、やばそうだった。3人で飲むも、会話が通じないのでセルゲイがほげほげ喋って、僕がそれの声真似をして何とか理解しようする。その間、他の乗客はそのやりとりを聞いて爆笑する状態が続く。僕も酔っぱらって気が大きくなって、関西弁で相手をすることにする。勢いでべらべら喋って飲んでいるとセルゲイがうまい具合につぶれて、また二人の静かな時間になる。

これで一安心、と思っていたら、次にまた一人ロシア人の若い男性が乗ってくる。当然飲み会。若者には連れの友達がいたらしく、後部座席からわらわらと人が集まってくる。ビールとウォッカとコニャックの飲み会。ソフトドリンクは紅茶とリンゴジュース。ウォッカを一気にショットで飲んで、続けて紅茶やリンゴジュースも一気に飲む。これの繰り返し。すさまじかった。言葉が通じない状況で12時間耐久飲み会。飲み会後、当然のごとく列車の便所で吐いた。セルゲイ戦(?)での酔いが余計だった。しかし、めちゃくちゃ、楽しかった。言葉は通じなかったがジェスチャーとノリでずっと会話は続いたし、向こうも面白がってずっと相手をしてくれた。酒代もほとんど向こうが出してくれた。


2/27
当然のように二日酔い。
バイカル湖の横を通る。バイカルアザラシを探すも当然のように見つからなかった。残念。
日がな一日ぼーっとしてすごす。


2/28
一日ぼけっとしたり、本を読んで過ごす。
食堂車にも行ってみた。大変まずかった。ウラジオストクでの食事がウソのようであった。
肉はスジしかなかった。ビールはうまかった。


2/29
一日ぼけっとして過ごした。ずっと窓の外を見ていた。
女子バスケットチームの一団が深夜に乗り込んできた。


3/1
昨日の女バス(中学生)のメンバーと楽しくおしゃべりをする。
おしゃべりの前は写真もぎこちない感じだったが、おしゃべりの後はたいへん仲良くなった。
ロシア語を携帯に打つと、日本語に翻訳してくれる機能が携帯についていたらしく、その機能を使って、「あなたは非常にハンサムです」、「あなたはとてもおもしろい」、という大変有難いお言葉を頂く。さすがバスケ部、男の転がし方まで知っている。とっておきのリスのモノマネや謎の即興ダンス、などをしてあげてずっと笑っていてくれた。大変楽しかった。そして皆可愛かった。


3/2
ついにシベリア鉄道を降りた。
モスクワに到着。地下鉄でホテルに移動。地下鉄は本当に戦場だった。めちゃくちゃ混んでいるのは当然のこと、乗客が容赦なくドアに挟まれる。おっちゃんが一度ドアに足をはさまれて、転んで体だけ車内にある状態でもがいていると、ドアの外にいる乗客が力いっぱいドアをこじ開けて救出する状況にも遭遇した。乗客が降りるときは、他の人を押しのけて、大声で悪態をつきながら出ていく。僕らが出ていくときも、後ろから思いっきり押しだされ、すっぽーん、と降車。いつか死人が出るんじゃないかと本気で思った。

外で食べた夕食は最高にまずかった。
文化の違いだと思うのに苦労した。相棒は食事後、シシケバブを買って食っていた。
ウラジオストクが特別だったのだと、ここで思った。


3/3
モスクワ観光。
地下鉄でまず赤の広場に行く。
ワシーリー寺院等を見学。日本の学生証だったが、ちゃんと学割となった。
夕方はサーカスに行ってみた。本当は有名なボリショイサーカスに行きたかったが、なかったのでニクリン。すごくよく動物たちが躾けられていて驚いた。ライオンは中々迫力があった。空中ブランコは、すごく、きれいだった。夜はベルリン行きの寝台列車に乗りこんだ。


3/4
途中ベラルーシとポーランドを通過。
ポーランドに入るときに、色々ロシア語で尋ねられるが何を言っているか分からずコミュニケーションが出来なかったので、パスポートを虫眼鏡で詳細に調べられた。どこかに電話して確認もとられた。何も不正は行ってはいないものの、中々緊張した。深夜にベルリンに到着した。


3/5
ベルリン観光。
一日バスチケットを購入。まずユースに荷物を置いてからいざ出発。バス停を探して近くをうろうろしていると、偶然ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地を発見。せっかくなので中を見学。いやはや、次はそこで演奏も聴いてみたい。そこからバスに乗り込んで、カイザー・ヴィルヘルム記念教会にまず行くもミサの最中で見学出来ず。仕方ないので、そのまま近くのベルリン工科大学内を歩く。さらに戦勝記念塔を見学。そのまま、ブランデンブルグ門まで歩く。一日券買ったわりには、よく歩いた。ベルリンの壁跡地がレンガになって道路に埋まっていた。国会議事堂も見学。でかいソーセージと黒ビールで昼飯。相棒には、人の頭ほどもある煮た豚肉の塊が出てきた。すさまじかった。ほとんど根性で平らげていた。

昼飯後、ペルガモン博物館を見学。
実物大の大きさで、ペルガモン祭壇に皆座れるのが印象的。
ペルガモンを観終わって、ベルリンの壁博物館に移動。本物の壁が外に飾ってあった。落書きがいっぱいしてあった。厚さは20センチにも満たない。触ってみたが、表面はつるつるとコーティングされているようであった。

夕方、ポツダムに移動。
きっとポツダムに行けばポツダム宣言に関係した場所があるに違いない、と思って行ったが、到着したときはすでに薄暗い。焦ってサンスーシ宮殿に行ってみて、きっとここが調印をした場所に違いない、とか思って見学。(帰国後、ポツダム会談自体は別のツェツィーリエンホーフ宮殿というところで行われたことを知る。残念な我らであった)


3/6
早朝帰国の途につく。
疲れたけれど、もちろん、すごく楽しかった。
今度はドイツスタートで、ポルトガルまで行きたい。そして太平洋-大西洋を横断するのだ。
posted by しばきん at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。